介護保険の住宅改修

お問い合わせはこちら

住宅改修

介護保険の住宅改修

介護に必要なお家づくり

介護保険の住宅改修とは

両親の介護が必要になってきたので、暮らしやすいようにそろそろ自宅のリフォームをしたい。とはいえ、階段に手すりをつけたり段差をなくしたり、バリアフリー化を実現するにはお金がかかる…

そうしたときに活用したいのが、介護保険による住宅改修費の助成制度です。この制度は、介護のための住宅改修でかかった費用の一部を負担してくれるというものです。

制度内容

介護保険制度には、「居宅介護(介護予防)住宅改修費」という項目があります。これは介護のために住宅改修する際にかかった費用を一部負担してくれる仕組みです。要介護認定を受けている被保険者が自宅の住宅改修を行う場合に、その工事費用(20万円まで)の7~9割が支給されます。

対象となるものとは?

■手すりの取り付け

■段差の解消

■滑りの防止及び移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更

■引き戸等への扉の取り替え

■.洋式便器等への取り替え

上記の内容が主に対象となる改修工事となります。

 

改修事例

改修事例をビフォーアフターにてご紹介しております

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。